戻る

志賀の郷協議会規約

(名称及び事務所)
第1条 本会を志賀の郷協議会と称し、事務所は会長が所属する事業所におく。
第2条 本会は「志賀の郷」の振興、発展、維持管理及び各事業所の連携と親睦を図る事を目的とする。

(事 業)
第3条 本会は前条の目的達成のため次の事業を行う。
@ 観光資源の保存整備、維持管理及び開発の事業
A 観光客の誘致及び宣伝の事業
B 観光に関する調査研究の事業
C 観光団体及び関係機関団体との連携・親睦
D 各事業所の連携・親睦
G その他本会の目的達成のため必要と認められる事業

(会 員)
第4条 本会の会員は次のとおりとする。
@ 志賀の郷に事業所を置く法人及び団体。
A 本会に入会する場合は、理事会の承認を得るものとする。
 

(理 事)
第5条 各事業所より1名の理事を選出する。


(役 員)
第6条 本会に次の役員を置く。

@ 会 長   1名
A 副会長   1名
B 監 事   2名

(役員の選出方法及び任期)
第7条 役員は理事会で選出し、任期は2年とする。


(役員の任務)
第8条 会長は本会を代表し、会務を総理する。
2 副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはこれを代行する。
3 監事は事務を監査する。

(顧問及び参与)
第9条 本会に顧問及び参与を置くことができる

2 顧問及び参与は理事会の同意を得て、会長が委嘱する。

(幹 事)
第10条 本会の運営、目的達成のために幹事会を置く。

2 幹事は、各事業所より1名選出する。
3 幹事の内より1名、幹事長を会長が選任する。
4 幹事長は、会の目的達成のための事務局を司る。
5 幹事長は、会の運営に必要なときは、幹事会を開く。

(総 会)
第11条 本会は毎年度1回理事会を開き予算事業計画等を審議する。但し、必要に応じて臨時理事会を開くことができる。

2 理事会は理事総数の過半数の出席によって成立する。

(経 費)
第12条 本会の経費は会費、寄付金、助成金、負担金、その他の収入をもってあてる。
2 会費の負担額は事業年度毎に理事会で決定する。

(事業年度)
第13条 本会の事業年度は4月1日に始まり、翌年3月31日で終わる。

 本規約は昭和62年10月1日より実施する。
戻る